自営業と従業員

自営業と従業員

自営業を営んでいる人の中には、自分以外にも、従業員を雇っていることもあるかもしれません。従業員を雇っている場合には、その人に対して、給料の支払いを行っているでしょう。

 

 

 

この時、従業員の給料から所得税や住民税を差し引いた額の給料を支払っていると思われます。この差し引いた部分のことを源泉徴収という風に呼びます。

 

 

 

源泉徴収分についてですが、自営業者が税務署に対して支払いを従業員の代わりに行う必要があります。源泉徴収分の支払いについてですが、原則は、徴収を行った翌月の10日までに納付をすることになります。

 

 

 

給料は毎月発生するでしょうから、毎月支払いをしないといけないことになります。しかしある条件をクリアすることができれば、支払いの回数を少なくすることができます。

 

 

 

もし自営業を営んでいて、従業員が常時10人以上働いているとします。この場合には、源泉徴収分の支払いは年2回までに抑えることができます。該当するのであれば、この制度を活用しましょう。