個人事業税と節税対策

個人事業税の計算式は次のようになります。
総収入額 − 必要経費 − 繰越控除等の額 − −事業主控除(290万円) この金額に税率をかけたものが個人事業税額となります。

 

 

 

所得税のときと同じく、引き算をするものをどれだけ多くするかが節税対策のポイントなのです。

 

 

 

また所得税で確定申告を行なった場合、個人事業税の申告は必要ありません。
ということは、所得税の確定申告の金額で個人事業税も額が決まるということです。

 

 

 

所得税の確定申告の際に、どれだけ引き算するものを増やせるかが、節税対策のポイントとなります。

 

 

 

ちなみに青色申告特別控除は個人事業税には適用されません。
年度途中で開業した場合は、事業主控除は290万円の月割りとなります。

 

 

 

個人事業税は一部クレジットカードでの支払いが可能です。
ポイントを貯めるというのも節税対策の一つと言えるでしょう。