個人事業税と節税対策

自動車取得税と節税対策

ここからはサラリーマンも自営業も問われない節税対策について考えてみましょう。

 

 

 

自動車取得税というものがあります。
車を購入する際にかかる税金で、購入金額の5%が税率です。
購入金額には車両本体価格とオプションを合わせた価格となります。
オプションをつければつけるほど、自動車取得税がかかるのです。

 

 

 

オプションは契約後、日を改めてつけると税金がかかりません。
購入時に、担当の方とそのような話をすることが節税対策となります。

 

 

 

また平成21年4月〜24年3月末と限定期間ではありますが、エコカーの自動車取得税の減税があります。

 

 

 

低排出ガス車とされていて、燃費基準を15〜20%プラス達成していれば50%の減税、25%のプラス達成ならば75%、ハイブリッドカーならば全額免除となります。

 

 

 

車を買う時期の人は、ラッキーな節税対策ですね。
ハイブリッドカーが売れている理由はここにあります。
でも減税は他の車でも適用されますし、自分の乗りたい車を買うのが一番と思われますが。