配当所得とは

配当所得とは

所得税の対象となる所得の中の一つに、配当所得というものがあります。中には、株式投資をしている人もいるかもしれません。もし何らかの会社の株式を取得しているということは、あなたはその会社の株主になっているということができます。

 

 

 

株主になっているということは、あなたはその会社に対して、出資をしていることになります。もし会社の業績が良くて、利益があがった場合には、その一部を株主に対して、還元をする必要があります。このことを配当という風に呼びます。

 

 

 

この配当によって、何らかの収入を受けた場合には、配当所得という扱いになります。配当所得を受け取った場合、もしかすると所得税の対象になる可能性があります。

 

 

 

もし配当所得を所得税として申告をしないといけないのであれば、毎年2月16日から3月15日までに行われる確定申告の中で、税務署に対して申告をする必要があります。しかし中には、申告の必要のないケースもありますので、事前に確認しておきましょう。