自営業と確定申告

自営業と確定申告

サラリーマンのように会社から給料をもらっている人は、会社の方で源泉徴収という形で税金が処理されています。しかし自営業者の場合には、そのように税金の処理をしてくれる部署はありません。

 

 

 

そこで、自分でどの程度の事業所得があって、いくら税金を支払わなければいけないかについて、税務署に申告をしないといけません。これがいわゆる確定申告と呼ばれるものです。

 

 

 

確定申告は、申告をする年の前年の1月1日から12月31日までの間に発生をした所得を計算して、税額を確定させる制度を指します。税務署で申告をします。確定申告をする時期は決まっていて、2月16日から3月15日までの間に、申告をする必要があります。

 

 

 

できれば、早めの段階で申告をすることをお勧めします。3月後半になると、税務署が混雑をします。またもう1点、所得税の支払期限は、申告期限と同じです。

 

 

 

ということは、深刻が後になればなるほど、支払いの猶予が少なくなってしまうということになるわけです。