個人事業主の年金の控除

個人事業主の年金の控除

年金は経費になるのかと思っているひとも多いでしょう。
今回は年金について考えてみましょう。国民年金は社会保険料控除となります。
自分がどれだけ払ったかわかっていない人は、十月過ぎの秋ごろどれだけ払ったか証明書がくるのでそれを見てください。

 

ネットなどで自分の年金記録を見ることが出来ます、手続きをしてもいいでしょう。
郵送されてくる書類を返すだけで、ネット上で見られるようになります。
年金を払っていなかったり、年末にまとめて払ったりすると翌年に、証明書が送られてくるはずです。

 

また国民年金は前もって次の年と、さらにその次の年の料金を先払いする仕組みがあります。
この料金分も控除が受けられます。一年先の年金を払った場合、その年の確定申告で控除してもらえます。
当然ですが一度控除を受けた分の年金は、翌年以降控除の対象になりません。

 

儲かっているが次の年には落ち込むことが目に見えているという場合、この方法を使えば節税となるかもしれません。
しかし、こういった売り上げの読みというものは、なかなか当たりませんから一応覚えておくぐらいがいいのでしょうね。

 

これまで未納していた年金保険料を払った場合でも控除の対象になります。
これも昔の年金を払った年に控除として扱われます。
しかし年金を払うはずだった年の申告を修正しなければならないので気を付けてください。

 

自分の子供の年金を払ったとしても、それは控除として認められます。
上記のやり方は実際に行うとあたらしい手続きや、儲けの計算などがあって面倒もありますが、すこしのお金でも捻出したいとなったときには使える方法だと思います。