キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書とは?

突然ですが、キャッシュフロー計算書という言葉を聞いたことはありますか?多くの人の場合、始めて聞いた言葉なのではないでしょうか。それは無理もありません。会社経営や会計事務所などに関わっていない限り、知っていてもあまり役に立たない情報だからです。

 

 

 

キャッシュフロー計算書とは簡単に説明すると企業会計について報告する財務諸表のことを言います。更に簡単に言ってしまえば年度の初めにあったお金が年度の最後にはどのくらい残っているのか…などお金の出入りを詳しく調査したもののことです。

 

 

 

キャッシュフロー計算書を作成することでいろいろな事が目に見えてきます。例えば将来の資金流入を生み出す能力や債務や配当金を支払う能力があるのかどうか、そして利益やそれに伴う現金の受け取りや支払いの違いの理由についても明確にすることが出来ます。

 

 

 

また、キャッシュフロー計算書には現金収支に収益・費用を関連付けて計算する直接法と利益から非資金性費用を加算して資産や負債の増加減少を逆算していく間接法の2つの手段があるようです。

 

 

 

2つの方法を取り入れているところもあるようですが多くの会社では間接法を取り入れているようです。キャッシュフロー計算書についての本やホームページなど参考に出来るものはたくさんあります。興味を持たれる方はあまりいないかもしれませんが、知識として身につけておけばもしかしたら将来役に立つことだってあるかもしれませんね。