生命保険と消費税のかかりかた

生命保険と消費税のかかりかた

生命保険は経費になるのかどうかと考えているひとも多いでしょう。これは残念ながらなりません。なので、普通の人が払った保険と同じ控除となります。保険で控除になる金額は最大で十二万円です。

 

もちろん最大の金額の控除を受けるには条件があります。すべての人がこの最大の控除を受けられるわけではありません。金額や契約の年数にもよりますが、今年入った保険ならば半分くらい控除されたらいい方でしょう。

 

ただしこれは個人事業主の場合で法人となれば経費にできます。保険の会社の方もそういったことを見通して、税金を節約できるような保険を用意しています。先にもいった通り個人事業主では経費になりませんから、経費として扱わないようにしてください。保険会社から十二月辺りに届く年金の控除するための葉書で控除が受けられるはずです。

 

また個人事業主となって、三年目に消費税を払わなければならないと思っているひともいますが、絶対に税を化せられるわけではないのです。初年度の売り上げが一千万円より高い場合三年目に消費税を払わなければいけなくなります。

 

ですから二年目でも、三年目でも一千万円を越えない限り問題ないと思ってください。三年目で消費税をとられるようになった場合、三年目の売り上げから計算されます。一年目二年目は関係ありません。利益も関係ありません。

 

あくまで売り上げで消費税は計算されます。最近は消費税が何パーセントあがるだのと話題になっていますが、個人事業主にとっても死活問題と言えるかもしれません。