免税事業者と消費税

免税事業者と消費税

個人事業主の事業の売り上げが一千万円以下の場合は、消費税を払わなくてもいいのは前回にも書きました。
しかし自分の事業で、自分は消費税を払っていないのにも関わらず、お客様からは税金をとってもいいのかと質問する人がいます。
税金を払っていない業者、所謂免税事業者ですがお客様から消費税をとるのは全く問題ありません。

 

このように消費税をとってはならないとした法律はありません。
自分は払っていないのにと罪悪感はあるかもしれませんが、お客様はどのくらいの売り上げの事業だなんて事は気にしていないでしょう。
というよりも分からないと思います。免税事業者だとわからないわけですから、自分の払った消費税分が事業者にいく事も分からないと思います。

 

また自分の事業でなにか仕入れているものがあればその消費税は当然払っていると思います。
これをもとに商品を作ったのなら、その商品をうるさいに消費税分をお客様に出してもらわなければ、そのまま消費税分が損です。
しかし事業が成功すれば最終的には消費税を払うことになります。

 

一千万円をギリギリ下回っていた事業が、一千万円をぎりぎり上回れば、商品に消費税分を上乗せしなければいけないという事になる可能性もあります。
いつこういった自体になってもいいように、売り上げが低いうちはしっかり儲けてお金をためておきましょう。
消費税分をとらずにサービスの質を落とすよりは、質が高い方がお客様も喜ぶでしょう。消費税分を差し引いた値段で勝負するのなら、最初からそうしたほうがいいでしょうね。