脱税と節税

脱税と節税

資格を要する税理士、弁護士、司法書士、公認会計士、薬剤師や製造業、運送業、飲食店業、不動産貸付業、倉庫業、請負業、旅館業、公衆浴場業、それに畜産業、水産業などは全て個人事業者として見なされています。

 

 

 

サラリーマンと違うのは税金の支払い方法です。サラリーマンの場合、給料から天引きされ年末調整によって税額が決まるので特定の理由(副業をしている場合や医療費が1年で10万円を超えた場合、家を購入またはリフォームした場合などなど)が無ければ年末調整をする必要はありません。

 

 

 

しかし個人事業者の場合は確定申告をすることで支払う税額が決まります。またサラリーマンよりも個人事業者の方が支払う税金の種類が多いというデメリットもあります。

 

 

 

考えを変えれば自分で申告するのですから節税が出来るチャンスということにもなるのですが、皆さんは何か節税対策として行っていることはありますか?専門的な知識がなければ節税は中々難しいことです。

 

 

 

税理士などに相談するのが一番良い方法だと思いますが、一回覚えると自分一人でも出来ることも可能になるでしょう。決められた税金を素直に支払うのも国の為には必要な事かもしれません。しかし出来れば節税したい!と思うのは当然の考えですし、節税は違法な行為ではありません。

 

 

 

違法な行為は所得を隠し、税金から逃れる脱税です。きちんと法律を守った上での節税ならば誰も文句は言わないので皆さんも是非、勉強してみてください。