青色事業専従者給与で節税

青色事業専従者給与で節税

皆さんは節税について考えたことはありますか?サラリーマンの家庭の場合、節税をしたいと思っても毎月給料から所得税と住民税が天引きされているため、出来るものではありません。しかし個人事業者に関しては節税を出来るチャンスはいくらでもあります。

 

 

 

節税の方法はいろいろとありますが、実際に何かされていることはありますか?基本的な事としては確定申告の際に社会保険料控除を忘れずに申告すること、経費を漏れなくきちんと把握し記帳しておくこと、また最近では利率は下がっているみたいですが小規模企業共済に加入することも挙げられます。

 

 

 

もちろん他にも方法としてはあるのかもしれませんが、法律に関わったりして難しくなるので税理士に相談または依頼するのが1番妥当な方法なのではないでしょうか。そして忘れてはいけない節税の方法は、確定申告の際に白色ではなく青色の用紙で申告することです。青色申告であればメリットもいろいろです。

 

 

 

メリットの1つに家族への給与が必要経費として計上することが出来るようになるのです。家族に給与が支払われたとしても個人事業主の所得とは考えられず、一経費として考えられるので節税対象から外れます。

 

 

 

ただ青色事業専従者給与に関する届出書を提出して、給与を支払われる人が確定申告する人の配偶者控除または扶養控除の対象になっていなければ該当しなくなるので、この辺は間違わないようにきちんと把握しておかなければいけません。