自営業と消費税

自営業と消費税

自営業を営んでいる人は、取引先の会社と、いろいろな商品やサービスのやり取りをしているかと思われます。この取引のときに、消費税が発生する可能性は、十分にあります。

 

 

 

取引をするときには、消費税の支払い負担をすることになるでしょう。また何か商品やサービスを売却した場合には、報酬を相手側から受け取ることもあるでしょう。

 

 

 

この時、消費税込みで、報酬を受け取ることもあるかもしれません。
消費税というのは、あなたの取り分ではありません。あくまでも、あなたを介して税務署に支払ってくれるということを前提にして、消費税込みの支払いを行っているわけです。ですから、確定申告する際には、消費税を含めた計算を行って、税額を確定する必要があります。

 

 

 

消費税については、いろいろなルールが含まれています。例えば、消費税非課税となる取引があったり、消費税の納税義務の対象から免除されるケースもあります。ですから、事前にきちんと情報を整理しておく必要があるでしょう。