白色申告とは

白色申告とは

自営業を営んでいる人は、確定申告をして、税金を支払うことになります。通常何の手続きをしていない場合には、白色申告制度のもとで、税金を支払うことになります。

 

 

 

白色申告は、自営業者は帳簿などを作成する義務はありません。必要経費として購入をしたものの領収書を管理し、保存をしておくことだけが義務となります。具体的に商品やサービスの取引をしたことについての記録をつける義務はありません。

 

 

 

しかし白色申告でも、一部貴重を簡単にで結構ですので、行わないといけないケースもあります。

 

 

 

もし前年もしくは、前々年の所得が300万円を超えているケースは、記帳義務が該当することになります。基調をして申告をする方法としてほかに、青色申告があります。青色申告では、基礎控除など、いろいろなメリットがあります。

 

 

 

どうせ記帳をしないといけなくなるのであれば、年収が300万円を超える場合には、青色申告に替えてしまったほうが、お得かもしれません。